Morganite.
モルガナイト

愛情の石。

「モルガナイト」名前の由来は?

モルガナイトは、1911年に宝石愛好家のJ・P・モルガンの名にちなんだもので、 クンツ博士が「モルガナイト」と命名しました。他にも「ローズ・ベリル」「ボロビエバイト」などの別名を持っています。

モルガナイトはどんな石?

モルガナイトは、神秘的な清らかなエネルギーで出来ています。驚くほど透き通った微粒子の愛が、どこまでも隙間なく広がり、最後には儚く消えてしまうのではと思わせる、現実とも幻ともつかない美しい世界を顕現させています。

モルガナイトの色

モルガナイトはベリルに属している鉱物であり、ピンクの明るいパステルカラーをしています。稀にピンクアクアマリンなどと呼ばれますが、アクアマリンはブルーだからこそアクアマリンなのであって、ピンクになればアクアマリンというわけではありません。 あくまでもピンク色のベリルはモルガナイトになります。

モルガナイトの効果・石言葉

愛の本質を教え、人格に深みをもたせるため、精神的にも安定し、ささやかな幸せを見いだせるようになるでしょう。 大切な人との関係において相手を思いやり、献身的な愛情を高めてくれます。
石言葉:「優しさ」「女性らしさ」「慈悲」「愛」

ご自身へのご褒美、大切な方への贈り物へ

モルガナイトは大切な人との関係において相手を思いやり、献身的な愛情を高めてくれます。是非大切な方へのプレゼントに。