Iolite.
アイオライト

道しるべとなる石。

「アイオライト」名前の由来は?

アイオライトの語源はギリシャ語の「ion(すみれ色)」と「lithos(石)」に由来しています。その名の通り、青みがかった紫色が美しい天然石です。見た目がサファイアに似ていることから、「ウォーター・サファイア」と呼ばれることもあります。

アイオライトはどんな石?

進むべき道筋、正しい方向への前進を促したり、目的を達成するための洞察力や直観力を向上させる力があるといわれています。目標に向かって進んでいく力をくれる存在として、バイキングたちから重宝されていました。航海の道しるべとして利用する際には、アイオライトの「多色性」を大いに活用していたようです。

アイオライトの色

アイオライトの特徴は、光に透かして見ると青色の濃淡が変化したり、黄色に見えたりする不思議な現象です。 これは”多色性と呼ばれる現象で、アイオライトの場合は三つの色(紫に近い青色・淡い青色・灰色がかった黄色)を見ることができます。

アイオライトの効果・石言葉

石言葉には諸説あり、「誠実」「穏やかな心」というものもあります。道しるべの役割を果たすという意味では、石言葉の中でも「自己同一性」が最もしっくりくるかもしれませんね。
石言葉:「誠実」「穏やかな心」「愛を貫く」「自己同一性」「徳望」

ご自身へのご褒美、大切な方への贈り物へ

アイオライトは2021年12月20日に日本オリジナルとして3月の誕生石に認定されました。自分の誕生石・守護石として手に取ってみるのも良いかと思います。