Golden beryl.

ゴールデンベリル

太陽を思わせる神からの贈り物。

「ゴールデンベリル」名前の由来は?

1798年にフランスの科学者であった、ルイ・ニクラス・ボークランがある石の中からベリリウム元素を発見したことがきっかけでその名がつけられました。ベリルには多くの色があり、色によって名前が異なります。中でも黄色~黄金色はゴールデンベリルと呼びます。

ゴールデンベリルはどんな石?

古代エジプトや古代ギリシャの時代から、太陽を連想させる輝きがあることから神からの贈り物として、大切に崇められていました。身につけることによって富と名声を手に入れることができるとされ、主導者としての地位をもたらす石と伝承されてきました。今日、太陽の使者の石として人々に親しまれています。

ゴールデンベリルの色

ゴールデンベリルは、美しい黄金色の色合いからゴールデンベリルと呼ばれていますが、微妙な色合いの違いによって呼び名が変わります。黄色の発色が強い場合はイエローベリルと呼ばれます。この宝石は同じベリル系の宝石エメラルドとは違い、眩いほどの輝きを放ちます。

ゴールデンベリルの効果・石言葉

持ち主だけなく周囲にはびこる邪気をも払い、前向きに歩めるようにサポートしてくれる石です。金運・財運にも恵まれるパワーストーンですが、長く身につけたままでいるとパワーが落ちやすい石のため、 定期的に水などで浄化 すると良いと言われています。
石言葉:「希望」「信頼」「勇気」

ご自身へのご褒美、大切な方への贈り物へ

ゴールデンベリルは、古代エジプトや古代ギリシャの時代から太陽を連想させる輝きがあることから神からの贈り物として、大切に崇められていました。

ページトップへ戻る