Garnet.

ガーネット

情熱的で一途な愛の象徴ガーネット。

「ガーネット」名前の由来は?

ガーネットは「種子・種のような」を意味するのラテン語の“ガラナイツ”が由来だといわれています。また別名「勝利の石」と呼ばれ、古代ギリシャやローマでは災を退ける魔除の石として多くの兵士たちが身に着けていたそうです。

「ガーネット」はどんな石?

ガーネットの歴史は古く、紀元前からエジプトで、すでにジュエリーとして使われていたといわれています。マリー・アントワネットも魅了したとされるガーネットは宮廷をはじめとした、貴族たちに欠かせない宝飾品として愛されてきました。

ガーネットの色

ガーネットは濃紅な赤い色がイメージとして真っ先に思い浮かびますが、実は40種類以上もの色があるといわれおり、青以外のあらゆる色の種類のガーネットが存在します。鮮やかな緋色をしたガーネットジュエリーは肌を色白に美しく魅せてくれるため、人気の高い宝石のひとつです。

ガーネットの効果・石言葉

実ったザクロの種に似ていることから「実りの象徴」「人生に忠実であってほしい」「生命力を高める」などの意味合いをもっています。「一途な愛」を象徴するパワーストーンで大切な人との絆の印ともされています。
石言葉:「愛」「情熱」

ご自身へのご褒美、大切な方への贈り物へ

ガーネットは、努力を実らせ成功へ導いてくれるといわれています。身に着けることで、人を愛する気持ちや寛大な心を高めてくれます。また友愛の言葉が示すように、友人や親しい方へのプレゼントにも最適です。

ページトップへ戻る