Demantoid garnet.

デマントイドガーネット

ガーネットの王様とも言うべきデマントイドガーネット。

「デマントイドガーネット」名前の由来は?

眩い輝きを放つ緑色のガーネットが発見され、その輝きがダイヤモンドのように輝くことから、「デマントイド(Demantoid)」つまり「ダイヤモンド(オランダ語でDemant)」にちなんだ名前が付けられました。

デマントイドガーネットはどんな石?

その昔、ロシア皇帝や貴族しか持つことが許されなかったという稀少石「デマントイドガーネット」。採掘が一度途絶え、“幻の宝石”と言われていましたが、近年鉱山の再開発とともに再び採掘され始めました。しかし、良質で鮮やかな緑色を放つデマントイドガーネットは極端に少なく、近い将来再び“幻の宝石”となる可能性が高いと言われています。。

デマントイドガーネットの色

デマントイドガーネットの中で最も評価が高いとされる色は、純粋なビビットグリーン。深い緑色から、黄緑味がかった色まであり、色の濃度や透明色によって評価も大きく左右されますが、純粋な緑色に近い色ほど評価は高くなります。

デマントイドガーネットの効果・石言葉

「光のエネルギーに満ちた宝石」とされ、こころの明るさを保ち、幸運を引き寄せると言われています。また、明るく前向きな心で幸運体質になり、愛情や新しい情報を引き寄せ、悪い噂や嘘から身を守ってくれる幸運のお守りでもあります。
石言葉:「真実」「情熱」「友愛」「実り」

ご自身へのご褒美、大切な方への贈り物へ

非常に高い分散率を有しているため、その輝きはダイヤモンドに引けをとりません。まさにガーネットの王様です。皇室に愛された至高のグリーン。その美しさと稀少性には誰しもが魅了されます。

ページトップへ戻る