Alexandrite.

アレキサンドライト

宝石の王様。

「アレキサンドライト」名前の由来は?

アレキサンドライトは世にも珍しい昼と夜で色が変わる石として、当時のロシア帝国皇帝ニコライ1世の息子、アレキサンドル2世の名前にちなんで「アレキサンドライト」と名付けられました。

アレキサンドライトはどんな石?

高アレキサンドライトは「昼のエメラルド」「夜のルビー」と呼ばれるほど、昼と夜で表情がガラリと変化します。この特性を“変色効果“と呼び、その変色効果がはっきりとしているほど、質が高いとされています。それぞれの色によって魅力が変化するのも、アレキサンドライトの醍醐味です。

アレキサンドライトの色

昼と夜の光によって、表情を変えるのが一番の特徴のアレキサンドライト。昼間の太陽や蛍光灯の光の下では緑色の宝石ですが、ロウソクや白熱灯の下では、赤色の宝石になります。アレキサンドライトは緑系の光と赤系の光を、ほとんど同じ割合で反射します。蛍光灯の青白い光を強く反射する事で緑色に見え、白熱灯のオレンジ色の光を、強く反射する事で赤紫がかかったように見えます。

アレキサンドライトの効果・石言葉

勝利をもたらす石と言われています。持ち主の内面を磨き、持つ人の魅力を引き出してくれるので、恋愛にも大きな効果を発揮するパワーストーンです。
石言葉:「真実の愛」「心の平和」「誠実」

ご自身へのご褒美、大切な方への贈り物へ

アレキサンドライトは、身につけることでお守りになる誕生石なので、大切な人へ、また2月生まれの方にプレゼントすると非常に喜ばれます。 宝石という観点だけでなく、アレキサンドライトに込められた意味をプレゼントに込めて贈るととても喜ばれるはずです。

ページトップへ戻る