REPAIR

ESTELLEで取り揃えているアクセサリーで使用している、
おもな素材の特徴&お手入れ方法をご紹介します。

  1. 修理・アフターサービスについて
  2. 商品の保証について
  3. お手入れ方法について

修理・アフターサービスについて

修理について

修理を各店舗で承ります。保証書と商品をご持参の上、ご相談ください。

※破損状態、素材、デザインにより修理を承れない場合がございます。
お近くの店舗はこちらからご確認ください。

アフターサービスについて

クリーニング・点検を承りますので、お気軽にご来店ください。

商品の保証について

保証内容

保証書のご提示により、お買上日より1年以内は以下の修理を無料で承ります。

・リングのサイズ直し
・切れたチェーンのロー付け
・仕上直し(メッキ商品を除く)
・石留めのゆるみ直し
・真珠ネックレスの糸替え

上記に該当しないお修理及び保証書がない場合、有償での対応となります。
保証期間が終了した後も、修理の際には保証書をお持ちください。
当社商品をご愛用していただいている期間は、保証書も大切に保管してください。
※部品の紛失がある場合、真珠ワイヤー加工への変更等、別途、材料費等が発生する場合には、お見積り金額でのご了承を得てから修理を開始いたします。
※リングのサイズ直しは、現品のサイズ直しが可能な商品に限ります。

保証対象商品

・プラチナ製品
・金製品(K10、K14、K18製品)
・シルバー製品:(SV925PS、SV950PS、PS刻印のある製品)

お手入れ方法について

ジュエリーをより長くご愛用いただくためには日頃のお手入れが大切です。
ジュエリーはとても繊細に作られています。取扱い方、メンテナンスにより輝きに違いが出ます。
また、お客様個人ごとのアレルギーなど、安全にご利用いただくために下記内容をご覧のうえご使用ください。

着用時のご注意

体質によってはジュエリーの装着により皮膚に異常を感じる場合があります。その場合は、直ちにご使用を中止し専門医にご相談ください。なお、サウナ等高温な場所、あるいはスキー場等極寒地でのピアスなどの使用は、火傷、凍傷の原因となる場合がありますので着用しないでください。
力仕事や乳幼児の世話をする際には、あやまってジュエリーにより身体に危害を及ぼす恐れがありますので、ジュエリーを外してください。

保管方法について

身につけた後は柔らかい布やセーム皮などで、ジュエリーに付着した汗や汚れをお拭き取りください。
他の宝石、貴金属と触れますとキズを付け合うこともありますので、柔らかい布等で包むか仕切りのある宝石箱にご収納ください。
化粧品など揮発性の強いものと一緒に置くと光沢が失われますのでご注意ください。

ストーンについて

天然石は衝撃などにより破損する場合があります。また、石留めをしている爪などに衣類の繊維や髪の毛が引っかかることで「石取れ」が生じる恐れがあります。
特に、パール等には接着で石留めをしている商品も多く、水分に触れることで、石が取れやすくなる性質がありますので、お取り扱いには充分ご注意ください。
なお、石によっては薬品や化粧品に反応するものもあります。詳しくは販売スタッフへお問合せください。

地金(素材)のお手入れについて

プラチナ

プラチナは、世界でごく限られた国でしか採掘されず、その産出量はゴールドの30分の1しか採れないため、希少性が高く最も高貴な貴金属とされています。永遠の輝きと変色や変質のない安定した性質と耐久性を備えたプラチナはダイヤモンドとの相性も良く、それこそが長く使いたい結婚指輪でプラチナが人気の理由です。純度100%のプラチナはPt1000。プラチナに割り金が含まれる割合によって純度95%ならPt950、純度90%ならPt900、純度85%ならPt850となります。

お手入れ方法:

他の貴金属と同じように、プラチナにも傷がつくことがあります。ただし、プラチナの場合は傷がついても磨滅することはありません。皮脂などの汚れがつきましたら、中性洗剤を溶かしたぬるま湯かジュエリー洗浄液を使い、やわらかい布で拭き取ってください。

純粋なゴールドはとても柔らかいため、銀、銅など他の金属(割金)を加えて硬度を高くした合金素材です。合金の中にどのくらい金が入っているかで、表記が変わります。
K18は約75%、K14は約58%、K10は約41%、K5は約20%が金でできています。

お手入れ方法:

酸化・硫化による表面上の変色が起こりえますが、金属用の磨き布で軽く拭くと輝きを取り戻すことができます。
(ホワイトゴールドはロジウムメッキが施されているため、研磨剤が含まれた布で拭くとコーティングがはがれてしまいます。柔らかい布で軽く拭いてください。)

シルバー

シルバーは白く美しい光沢と加工のしやすさにより、昔からジュエリー、アクセサリーに適した素材として愛されてきました。 素材の特徴として、とてもやわらかく、細かな傷がつきやすい・表面に変色が起きる等のデリケートな性質がございます。 専用クリーナーで適度に手入れすることにより長くきれいな状態でご使用していただけます。

お手入れ方法:

長く身に着けていると空気や水に触れることにより、それらの物質と化合して『酸化』または『硫化』という、表面が茶や黒に変色したり、光沢を失う現象が起きます(サビとは違います)。
この場合は、研磨剤入りの磨き布や洗浄液でお手入れをすれば、シルバー色や光沢が甦ります。

ページトップへ戻る