Pink tourmaline.

ピンクトルマリン

持ち主の魅力を高める恋愛の石。

「ピンクトルマリン」名前の由来は?

トルマリンの語源はセイロン島の現地語であるシンハラ語の「トルマリ」(turmali) からきています。中でも、薄くピンクかかった色のものをピンクトルマリンと呼びます。

ピンクトルマリンはどんな石?

帯電性を持つことからか、古くから様々な民族で、病気の治療に用いられてきました。 恋愛や家族に関連する愛情を高めてくれることで、恋愛運や家庭円満のお守りに良いとされています。また、持ち主をポジティブな精神へ導くエネルギーを与えて、人生を前向きで幸せなものにしてくれる力があります。

ピンクトルマリンの色

濃いピンクから、茶色かかった薄いピンクまでさまざまな色があります。ピンクトルマリンは白に近い薄いピンク色をしたものから、ルベライトと間違われるほど濃いピンク色をしたものまで幅広い色があります。

ピンクトルマリンの効果・石言葉

やわらかなピンク色のトルマリンは、恋愛運をUPの石として人気の高い石です。「愛の石」という呼び名もあり、好きな人と両想いになりたい時に身に着けると良いとされています。強い浄化作用を持ち、持ち主の愛情に対しての不安要素や障害を取り除く効果があります。
石言葉:「希望」「潔白」「寛大」

ご自身へのご褒美、大切な方への贈り物へ

持ち主をポジティブな精神へ導くエネルギーを与えて、人生を前向きで幸せなものにしてくれる力があります。ピンクオパールと並ぶ、10月の誕生石の1つです。

ページトップへ戻る